img img

img img

実践経営者道場
《大和》(だいわ)とは?

  《大和》は、1983年に稲盛和夫という稀代の経営者のもとに「経営哲学」「人生哲学」を学びたいと集まった自主勉強会・盛友塾(後の盛和塾)に端を発している実践経営者道場です。
  稲盛和夫氏が、京セラ・KDDIを創業し、経営破綻したJALを再生した経営手腕の裏には、謙虚に愚直に他者に学び続けられる姿勢があり、それが当経営者道場の組織風土となっています。
  盛和塾は2019年をもって解散しましたが、その精神は今も、15,000人を超える元塾生らに受け継がれています。
  《大和》という新名称には、地域を越え、世代を越え、稲盛哲学を包越して世のため人のために経営を良くしようという思いが込められています。また、《大和》は盛和塾から受け継ぐ5つの基本精神を大切にしています。

img

私たちと一緒に経営の神髄を学び
事業を伸ばしませんか?

  稲盛和夫氏は経営者の方々の人格、心を高め、その結果それぞれの企業が繁栄し、従業員が幸せに、ひいては世界・人類が平和で幸せになる経営の実現に役立てばと盛和塾を立ち上げてくださいました。
  その盛和塾解散後、私たち実践経営者道場《大和》では稲盛哲学をベースに心を高め、「自利利他」の経営により事業の隆盛と人徳を和合し、未来にむかって世界中の人々と共に幸せになる経営の実践を目指しています。ぜひ共に学び、共に実践して参りましょう。

代表世話人一同

<  道場について  >

  • img

    大阪第3ビルの28Fにある100人以上収容可能な道場。この道場は塾生が学ぶ場として活用するとともに、稲盛和夫氏のこれまでの著書や教材が多く収納されています。

  • img

    道場と他の場所との合同で実践経営委員会などの開催(ハイブリット開催)が可能な最先端のオンライン配信スタジオ設備

主な活動

心を高める

  • img

    選抜合同自主例会月1回

    塾生の経営体験を発表いただき、対話を通して高次化された気づきを参加塾生と一体となって共有します。

  • img

    合宿研修会年1回

    外部講師を招いたり、経営体験発表や共働するプログラムを通じて、ビジョン・ミッション・人格の向上を目指し、経営者仲間と心でつながります。

  • img

    あきんど祭り年1回

    大阪・高津宮を舞台に塾生企業の出店や催しで地域貢献を実践。「屋台でも成功する」稲盛哲学を磨きあっています。

  • img

    実践経営委員会月1回(各委員)

    塾生は5つの経営委員会のいずれかに所属。より少人数ななかで経営体験に学び合い、対話を深めて経営の王道を探究します。

技を磨く

  • img

    会計学講座

    「人間性を育む会計学」としてテクニックだけではなく、「理念をどう数値化するのか」、「数字を使って経営者を含めた従業員の主体性をどう育んでいくのか」という問いに向き合い、会計の基礎の基礎を中心とし、それに加え自社の決算報告書を自分で分析する力をつける講座

  • img

    事業承継講座

    「心がつなぐ」をテーマにしながら、対話によって参加者一人ひとりの本当の課題をあぶり出し、共に実践し、結果を報告しあってフィードバックを行うことで、参加企業の課題に応じた事業承継プランを共創する講座

  • img

    マーケティング講座

    売れていく仕組み作り、販売活動を不要にする取り組み、顧客の創造などマーケティング理論に稲盛哲学をプラスした実践型のマーケティングを学ぶ講座

  • img

    敬天愛人講座

    稲盛人生哲学の根っこである宇宙観、生命観、死生観、人間観、自己観を深めることを目的とし、自然や宇宙を感じる場を皆様と共有する講座

経営を伸ばす

  • DATAで知る大和

      経営者の人格は社格にあらわれ、高邁な経営哲学に裏打ちされた素晴らしい社格の会社の社員は信頼と尊敬に価するー。稲盛経営哲学を学ぶ塾生たちは、自らの心を高めること、それが経営を伸ばすことを知り、日夜奮闘しています。
      「人格は時とともに変化していく」。だからこそ、私たちは学び続け、実践し続けています。ここに紹介する数字は、アンケートで浮かび上がった等身大の塾生像です。現在、そして未来進行形で、共に学び務め、実績を出し続けています。

    2022年3月調査

    img

  • 入塾後の変化

    1位

    2位

    3位

    4位

    5位

    6位

    7位

    8位

    9位

    10位

    11位

    12位

    13位

    14位

    15位

    自分が変わった

    相談できる仲間が増えた

    社会の幸せを考えるようになった

    経営理念を新たにした

    志が立った

    ビジョンが見えた

    従業員との距離が縮まった

    経常利益率が上がった

    従業員の物心両面の幸福が高まった

    会計がわかるようになった

    従業員が主体となった

    経営のスピードが上がった

    事業転換できた

    事業継承がうまくいった

    アメーバー経営を取り入れられた

    80%

    55%

    50%

    47%

    44%

    41%

    37%

    36%

    29%

    28%

    26%

    23%

    12%

    10%

    6%

  • 入塾後の売上高

  • 入塾後の経常利益率

塾生なら世界中どこからでも

  オンライン実践経営者道場《大和》「TERACOYA」は、経営者が場所や状況に関係なく、学びを深め、実践を継続していくためのオンラインでの経営者道場です。24時間いつでもどこでもパソコンやタブレット、スマートフォンなどを使って学びを深め、実践を継続することが可能なプラットフォームとなります。

過去の自主例会

アーカイブ動画を全て視聴可能

機関誌「盛和塾」

バックナンバーを(27年分156冊収録)を全て読むことが可能

IDL稲盛デジタルライブラリー

内容の全てを視聴可能(無料)

塾生の声

  • img

    株式会社かめいあんじゅ

    代表取締役社長 真鍋 純

    <レストラン、製菓製パン事業>

      4年前、売上拡大だけを目標として自分本位に会社を経営していました。そして従業員との関係に悩み、会社の将来ビジョンが描けず、その環境から脱却するために沢山の書籍を読み漁りました。
      それらの中に稲盛和夫氏の著書「生き方」があり、その内容に感銘を受けていた時、盛和塾の入塾説明会の案内がDMで届き、出席、即入塾いたしました。
      そこから多くのことを学び、理念を磨き、従業員との関係も良くなり、大きな悩みの一つであった創業者からの事業承継も滞りなく終わることができました。
      稲盛和夫氏の言う「心を高める、経営を伸ばす」という「心の経営」は全従業員と共に経営者も幸せになる経営です。
      ぜひ、この機会に盛和塾大阪を継ぐ、実践経営者道場《大和》で、共に学びましょう。

  • img

    株式会社リープ

    代表取締役社長 小林 万里子

    <薬局・介護サービス>

      9年前、弊社は経営の大きな分かれ道に立たされていました。社の命運をかけた決断を迫られ、頭を痛める毎日が続く中、心の支えになったのが稲盛和夫氏の実体験や経験則から導き出された経営哲学でした。
      盛和塾では、塾生同士の熱い対話・問答から沢山の気付きを頂き、経営の本質とはどういうものか、人としてどう在るべきかを学ばせて頂きました。ありがたい事に9年前よりも、事業規模も経常利益も大きくなり、母からの事業承継も終え、本当に感謝しています。
      まだまだ未熟ですが、社会に役立てる会社として成長して参りたいと思っています。実践経営者道場≪大和≫で、共に学べる日を楽しみにしています。

入塾資格・費用について

<入塾資格>

  • 原則、経営者又は会社幹部、執行役員、後継者の方
  • 企業規模、職種は問いませんが、継続的に会に出席し、向学心を強くお持ちの方
【入塾にあたって】

入塾申込書に必要事項をご記入いただき、事務局受理の上、世話人の面接がございます。面接後、承認されますと入塾手続き書類提出ならびに入塾費・年会費をお支払いいただき、塾生登録となります。

【入塾ご検討中の方へ】

オブザーバーとして実際の学びの体験をしていただける制度を設けております。詳しくは事務局までお問い合わせください。

<費 用>

入塾費 100,000円

年会費 108,000円

※初回の年会費は入塾承認の翌月から12月までの月数割となります

入塾説明会への参加は
以下よりお申込みください。

入力フォームへ

img
PAGE
-TOP